スマホゲーにまつわるあれこれと死にたい話

しにたい…




なんでや!!なんでなんや!!
ずいぶん前からスマホの容量空けて待ってたのに!!
おとなしく買い換えろってことかしら…
とりあえずしばらくは主人のスマホを取り上げて深夜に近所を徘徊しメダルみたいなのをくるくる回したりドードーにボール投げつけたりしてみます。

そんなこんなで来ましたなあ、ポケモンGOのビッグウェーブ。だんなはもうすでに飽きてますけど…
いやしかし!
乗るしかない、このビッグウェーブに!
とかの有名なビッグウェーブさんの言葉通り全力で乗っていきたいところですが、前述の通り私のスマホはポケモンGO非対応機種でして… これを機に買い換えを検討しています。
もう3年近く使ってるスマホですしねえ。まだぜんぜん使えるけど古いっちゃぁ古い。でもまだぜんぜん使える。
使えるものを買い換るのって嫌いなんですよね。けっこう物に愛着を持つタイプなので使い倒して壊れるまで愛用したい派。(人形には感情移入できないくせに…)

ポケモンGOの世界の広がりを体感すると、手元のスマホでポチポチとストーリーを読んだり作画崩壊したキャラが二言三言ボイスつきでしゃべるだけの泡沫スマホゲーなどすべて駆逐されてしまいそうな予感さえします。
凄まじい勢いで減っていく電池の量を見るに、これまでスマホ容量の取り合いであったスマホゲーのシェア争いがバッテリー残量の奪い合いというステージに突入したのかさえ思えるほど。ポケモンGOにはまったら、外出中はバッテリー惜しくて他のゲームを起動する気にはなりませんわな。

ポケモンの課金要素はなんかいいですね。こういうのに課金するのはアリだと思います。
学生さんは友達とチャリでひたすら徘徊し夏休みの大半を費やしてこつこつとポケモン集めにいそしむのでしょう。
でもそんな時間のない社会人はクールにクレバーにアイテムを購入し使用、時短プレーで有利にゲームを進めることができるのです。
「ゲーム利用料として納得できる範囲の額」の課金で時間を買う、システム回り強化して遊びやすくする、というのは、スマホゲーの集金方法として真っ当ではないかと思います。
どこかのゲームのピックアップガチャとかいうハズレしか出ないクソみたいなくじに30回1万円とか突っ込んでハズレだけ引くなんてバカな話ですよ。当たりが出たって自分の気がすむだけでゲーム全体としてはさして有利にもならないし時短にもならないのですから。こういう古いタイプの課金要素ではこれから生き残りが厳しくなる時代になってほしいものです。

ポケGOって、絶対怒られるのわかってるようなことを堂々とやるのがすごいですよねー。
↓ポケモンブランドじゃなきゃこんなことできないでしょ↓


ディズニーランドのシンデレラ城も原発も立ち入り禁止の私有地もすべて自分のゲームのマップに取り込むというこの豪胆さ。とりあえずリリースして文句があれば後で聞きます的なやり方はいかにもアメリカ人。我々農耕民族にはできぬ発想です。王者だけに許されるこの強引なやり方に軽く感動しました。
ポケGOってたぶんそんなに儲けるつもりはないんだろうなあ。だいぶ前からポケモン人気は失速してますが、ここで大きくテコ入れして、今一度誰が王者か世間に知らしめることができたらそれでいいみたいなコンセプトのように感じます。

しかしこのブームは続くんでしょうかね。ちょっとやってみただけですが、なんとなく、すぐに飽きてしまう人が続出しそうな雰囲気を感じたんですけど…。最初は目新しいけど、黙々と集めて育成するだけの内容は人を選びそう(私はこういうの好き)
秋にはもうだれもやってない…みたいなことになってたらちょっと悲しい。
年末にワールドビジネスサテライトで2016年ヒット商品番付が発表されて、東の横綱にリオオリンピック、西の横綱にポケモンGOがランクインしてて「あーポケモンGOそんなのあったねー」「あれ今年だったっけ」みたいな会話にならないよう祈ってますわよ。

最近世間を席巻する(ダジャレ)ような大ヒット大ブームってないじゃないですか。淡々としすぎててつまらなーい。
世の中こればっか!そんな下らないものにみんななに夢中になってんだか!ってイライラするほど流行ってるものがあった方が活気があっていいと思います。
よくも悪くも感情の動くコンテンツをください。





そんで、私のスマホ内容量争いに敗れたゲームなのですが、「暗殺教室 囲い込みの時間」。
ながらくログインすらしてなかったのですが、アンインスコする前に手持ちのガチャコイン全部使っとくかと久々に開いてみたら



9月でサービス終了するみたいです。
原作もアニメも映画も終わったし、そろそろかなと思ってたけど。過去のイベント大量復刻!のお知らせも物悲しいですな。
こういう原作のあるタイプのスマホゲーってすぐ終わることがうすうすわかってるわけですけど、そんな短命ゲームにも課金する人はいるのでしょうか。
囲い込みやってた時もフレンドに新しく出たレアメダルをすぐゲットする人がいましたけど、サクラなんじゃないかとずっと思ってました。
だって… 暗殺教室ってワンピースみたいにだらだらいつまでも続くタイプのマンガじゃなくて、作中3月までって期限の決まってる作品でしたから… マンガやアニメが終わればゲームもサービス終了なのは目に見えてるのにさー。それでも課金してしまうんかなあ、カルマ好きさんは…(カルマと烏間先生で釣ってたゲームでしたね)赤羽根業、その名の通り業の深い子…
単調で飽きてしまった囲い込みでしたが、他プレーヤーとちょっとだけ関われたハロウィンイベントは楽しかったな。フレンドへのお礼にお菓子のコインを贈れたんですよ。ただそれだけなんですけどね。




さてー。
ポケモンGOを入れるつもりでいろいろアンインスコした私のスマホですが、かわりにとうらぶでも入れてみようかなあ。
ゴールドセイントみたいな人、声優さんが好きなんですよね。
どうしようかなあ。
関連記事

2016年08月07日 | ヲタ話 | こめんと 0件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)