アニメ「食戟のソーマ 13話」感想

・極星寮への帰還
正直、一色先輩はなにか裏がありそうな、腹に一物あるんじゃないか…そんな疑念を持ってたんですが、この夢のシーンを見て「あ、一色先輩って曲者ではあるけど本当にいい人なんだ」って思いました。いい人じゃないとこんな夢見ねえよ。
あと、ヤン女になってしまっても一色パイセンへの敬意を忘れない榊さん… 一色先輩の中では榊さんの誠実な人柄は揺るぎがないんでしょうなあ。

・ニクミとタクミ
二人揃ってソーマにぞっこんだな…

・「すっごい負けたわー」
負けたのソーマじゃなくて田所ちゃんなんですけど… いや、田所ちゃんはあんな性格だから、自分が食戟したなんて知られたくないんだろうな。それを汲んで自分が食戟で負けたことにして話を終わらせたソーマ、男ですねえ。男はこうでないと。
「俺は負けてないんだけどね?田所が負けたんだけどー。でも俺のサポートで味は認められて残れたわ!俺がやってたら勝ってたわー」こういう男はダメです。

・ざわ…ざわ…
「見ろよ、えりな様だ…」ザワザワ
ってあんたら中学からえりな様と同級生だよね? そこまで珍しくはないだろ…

・午前6時から審査
「朝食のたまご料理、ビュッフェ形式で提供するものとする」
これしか言ってないんだけど。
「2時間以内に200食出たらクリア」
これ先に言っておかないとムリでしょ。審査員役の客が入ってくる直前に言うことかよ…
200食分の食材の確保、下ごしらえは夜のうちにやっておかないと間に合うわけないじゃんか。
あと、何百人もの生徒が200食以上作る材料を早朝までに用意する遠月リゾートすごすぎる。

・アリス登場
黒木場のスゴみは演出でした。
アリスの声は今一自分のイメージとは違うなあ。シリアスモードの時はすごく怖い顔をするので、もっと低い冷たい声でしゃべって欲しいなあ。ギャグモードとの落差が魅力的なんだけど、この調子だとあまり差がない。

・おとなりえりな様、略しておとえなり様
突然現れたソーマに動揺しまくり、皮肉が通じなくて困惑しまくり。
ペース乱されまくりでかわいい。

・遠月提携の生産者とそのご家族
そんな人たちがまとめてリゾートホテルに泊まりに来たら生産が止まるのでは…
しかし遠月リゾートのキャパどんだけだよ。600人以上の生徒の200食を食べ尽くす客って何人いるんだ。

毎年審査をしてもらってるってことなので、この200食ビュッフェも恒例行事なのでしょう。
一色パイセンがソーマたちに何もヒントを与えなかったように、合宿の内容は秘密厳守とされてるんだろうけど、知ってる人はいそうだよなー。例えば親の意向で兄弟みんな遠月に入れられてる子とか。にーちゃんねーちゃんに合宿の内容聞いてそう。
合格基準を知ってたら圧倒的に有利だよねー。

・にくみとアリス
アリスはにくみのことを「えりなの取り巻きだった」と知ってるのに、にくみはアリスを知らない…そんなバカな! アリスも中等部からいたはずなのに。
あの白い見た目、お付きのゴリゴリボールくん、そして名前。絶対目立つだろうにねえ。ムリがあるわー。

・エッグベネディクト
食ってみたいものナンバーワン
原作掲載時はちょうどエッグベネディクト出す店がオープンしたと話題になった後でタイムリーでしたわ。

・えりなのドヤポーズ
神々しい…



このビュッフェって、ひょっとしてプリンとかカスタード系の甘い品を作って子供にガンガン食べさせたら余裕でクリアできるのでは…

関連記事

2015年07月03日 | 感想 | とらば 0件 | とっぷ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)