角刈りペンギンと行く リカちゃんキャッスルへの旅


角刈りペンギンとリカちゃんキャッスルに行ってきました。


ドールショウに合わせてお友だちが泊まりに来てくれたので、せっかくだからとリカちゃんキャッスルに行ってみました。



↑お馴染みのお城の建物に角刈りペンギン氏。
あれ、頭に何か…頭に何かついてますけど…



↑あ、ああ… リカちゃんのお城だから、リカちゃんとおそろいの赤いリボンをつけてるんですね。なるほど。






角刈りペンギン氏、あの赤いリボンはどうやらリカちゃんにつけてもらったようですね!
かわいく飾ってもらって見学に出発です。


↑60年代リカちゃん
この展示は電気が消えてて暗かった…


↑70年代リカちゃん
グループサウンズ風でしょうか。
グループサウンズって60年代終盤のイメージなんだけどな


↑80年代リカちゃん
クラブ風?ディスコ?の展示です。


↑90年代リカちゃん
サッカーの応援ですね。

年代別リカちゃんの展示は90年代で終わりです。そして未来へ… となってるのですが、未来に突入して14年たった今、00年代の展示を作るとしたら、何をモチーフにしたら映えるかな?と考えてしまいました。何か大きなムーブメントはあったかなあ?
同時多発テロくらいしか印象にないのですが…
10年代はたぶんAKBみたいなアイドル集団でしょうか。今もちびっこにアイドルものの作品が受けてますもんね。



↑子供の頃、こんなにたくさんリカちゃんのお店や病院のハウスが並んで町になってるのを見たら、物凄くわくわくしただろうなあ。
うちは狭かったのでハウスなんてほとんど買ってもらえなかったから、きっと垂涎だったと思います。


↑福島の観光地を旅した気分になれる撮影ブースが設置されてました。
こんなワナしかけられたらまんまとハマってしまうに決まってるじゃないですか!
というわけで、セットに置いてあったリカちゃんやお友だちのちびカイジくんと記念撮影しまくりました。






↑リボンをつけてくれるリカちゃんのアップ。このリカちゃんすごくかわいいです。
このリカちゃんは撮影ブースに置いてあった自由に遊んでいい子だったのですが、頭ボサボサで顔も薄汚れてたのに、こうして写真に撮るとめちゃくちゃかわいくてびっくり!
さすがリカちゃん。吟味され尽くしてこのお顔になったのでしょうから、やはりどこから見ても文句なくかわいく見えるようにできてるのでしょうね。
そして子供に遊んでもらえてるお人形はたとえぼろぼろでも表情が生き生きしてるように見えるのです。
関連記事

2014年09月18日 | お人形話 | とらば 0件 | とっぷ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)