角刈りペンギンと行く 呉の旅 その4 食べ物土産編

角刈りペンギンと行く
おまけのお土産や食い物画像とかまとめ



/わたしの画像が少なくて申し訳ない!\


↑ご当地ゴルゴ。
ゴルゴもこういう仕事するんですね、意外です。


↑ご当地リカちゃん。顔でかっ!こわい。


↑てつのくじら館で見かけた「海自乃湯」入浴剤
自衛隊の艦艇をイケメン国防男子に擬人化したキャラクターのようです。
それぞれ佐世保、呉、舞鶴、横須賀に勤務している設定(モチーフになってる艦の母港?)です。


↑呉のキャラはこのクールそうなメガネ男子「そうりゅう」くん。潜水艦ですって。
決め台詞は「潜航、しておいで。」
使いどころがよくわかりませんが…というか潜航するのはお前の仕事ではないのかと


↑キャップコーナーにもそうりゅうくんが。
自衛隊が公式・公認で擬人化や萌えキャラ化とは… オタクイベントに車輌展示で参加するのに驚いてたころが懐かしい。
この擬人化国防男子化は、その1でご紹介したてつくじきゅんに比べれば…まだね…


↑これはカーププリッツ。お土産処だけでなくスーパー・コンビニでも売ってました。中国・四国地方限定販売だそうな。
お味は「熱い想いのチキン味」!
ドールショウのディーラーさんに差し入れにすべく購入!


↑大和ミュージアムで見つけた、「戦艦ニャマト」のお菓子。
ニャマトって… めっちゃかわいいじゃないか!!!
キャラメルケーキとプリントクッキーがありました。
この柄にすっかりメロメロになってしまって、自分用にも買ってしまいました。包装紙をそーっとはがしてラミネートして下敷きを作ろうかと!
この柄、かわいいなあ。紙もののグッズも作ってもらえないかなあ。お菓子の包装紙だけで終わらせるにはあまりに惜しい!と思うのは私だけでしょうか?


↑おなじみの大和サブレー。
私は土産物は包装紙だけご当地がらになってるみたいなヤッツケ感のあるお土産菓子が嫌で、できるだけお菓子そのものに工夫のあるものを選ぶことにしてます。
こんな風にクッキーそのものが大和の形をしてるなんて非常にインパクト大きい!
1枚ずつバラ配りしても見映えがするし。ただし相手を気にする必要があるのがタマにキズ…


↑バラマキ配り推奨品の「大和カレーカツ」もあるよ。クオリティは駄菓子レベルまで落ちるけど。
カープカツの呉版ですね。これを出してる「すぐる食品」は呉のメーカーなんです。
子供からおっさんまで、男性陣にはややウケ。

大和ミュージアムで大和サブレーを買おうと思ったら品切だったので、この商品を作ってる「クレイトンベイホテル」まで行って買ってきました。すぐそばなんですけど。
受付のお姉さんと「ミュージアムでずっと売り切れだったからこっちに来ました」と雑談したら、「えっ、ほんとですか!?」の反応。こっちは翌日朝にはミュージアムに入荷してたw




私が帰省した8月上旬からこのブログを書いてる現在に至るまで、広島では梅雨のようなぐずついたお天気が続いていて、おまけに台風まで接近し、帰省中は終始荒れ模様でした。
この一連の日記の画像には晴れてる様子も写ってますが、5日中2度も晴れたのはかなりラッキーだったようです。

そんなお天気ですので、漁に出る船が少なく…楽しみにしていた刺身食べまくり祭り!が開催できませんでしたっ!(。>д<) <次こそはコイワシの洗い食べるんじゃー!


↑たいちゃんⅢのお好み焼きです。
家から近くて美味しいため、お好みはだいたいここで食べます。
そういや呉も、昔みたいにあっちこっちにお好み屋があるわけではなくなりました。関東のお好み屋は半分鉄板焼屋も兼ねてそっちで利益だしてるけど、広島のお好み屋はガチでお好みしか売らないからな。儲からないよね。


↑だし道楽のかすうどん。
かすって言っても私のことではなく、「油かす」つまりホルモンをカリカリに揚げたものが乗ってるうどんです。大阪の食べ物らしいので、関西の方にはおなじみなのかな?
だし道楽の優しい味のおだしにホルモンの油の旨味と風味(臭み?)が溶け出して、はまれば癖になる!
変化球はちょっと…と言う正当派の方はふつうのうどんもありますよ。薄い金色のあまーいおだしに細うどんが呉風です。

こちらのお店は「自販機でうどんだしを売ってる店」としてテレビで何度か紹介されてるらしいので、ご存じの方もおられるかも?
以前は吉浦店なんて隣の公衆トイレが激クサで印象悪く、けっこう穴場だったのですが、今回行ったら休日には入店待ちの列までできてやがりました…



↑福住のフライケーキ。呉人のソウルフードです。
この揚げてるビジュアルが好きなので、ここだけクリックで大きくなるようにしておきました!
まあ単なるあんドーナツなんですけどね いつも揚げたてで、外はカリッ、中は気を付けないと火傷必至のあっつあつ。甘すぎない素朴なおいしさです。


↑食べ物編、〆は珍来軒の冷麺。
最近は呉冷麺などと呼ばれるのですが、みなさんが冷やし中華と呼んでいるものを、呉では「冷麺」と呼びます。というか西日本ではだいたいこういうものを冷麺って言うと思う。
昔は珍来軒はボッロいせっまいお店で、一応地元の有名店ではあったのですが冬場は休んでることもあったほどひっそりしてました。
そこにやって来たのが昨今のB級グルメブームと大和景気。更には店が火事で全焼、新たに大通りに広くてきれいなお店を出すことになり、今や連日行列ができるほどの大繁盛です。
いやー、何が流行るかわからないもんですね。地道に続けてきて努力が花咲いたようで、店の前を通るたび行列を見てとても嬉しくなる!
先代だか先々代だかのおじいさんおばあさんも喜んでおられることでしょう。何度も「店主が高齢で店たたむらしい」の噂を聞きましたからね…


そんなこんなで久々の帰省も終わりです。
しばらく千葉でがんばって、次こそコイワシを食べにまた帰りたいと思います!
角刈りペンギンの旅もまた次回…

あとはもう1回、大和・武蔵の進水式展の画像をまとめるかもしれません。お好きな方だけお付き合いくださいませ
関連記事

2014年08月21日 | いつもの日記 | こめんと 0件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)