角刈りペンギンと行く 呉の旅 その3 小ネタ集




角刈りペンギンと行く
早くもネタ切れのため小ネタ画像集


↑アレイからすこじま。
潜水艦の形ってもしかして潜水中のペンギンをモチーフにしてるんじゃない?と角刈りペンギン氏。


↑この日は潜水艦は1隻しかいなかったけど、翌日通ったら台風の接近に備えてかはたまたお盆が近いからか、それとも単に週末だからか、5隻以上の潜水艦がうようよといました。
この辺も観光客が増えましたな。いかにもな服装の方々がたくさん。
道路を挟んだ向かいの小さなコンビニには、艦これコーナーがありました。
暑くてめんどくさかったから行かなかったけど、ここには昔潜水艦に魚雷を積み込んだクレーンが飾られてるんですよ。

めんどくさくて行かなかったと言えば、中央公園には大和の実物大主錨のレプリカがあるんだとか。いつ頃できたんか知らんが一回も見てないわ。
陸奥のより一回り以上でかいんだろうな。



この日は風景印を求めて音戸の瀬戸に向かいました。


↑去年架かったばかりのこの第二音戸大橋を渡って倉橋島へ


↑奥に見えるはもともとの音戸大橋。
音戸の瀬戸はループ橋だとか、平清盛の伝説だとかで、こちらも田舎町のささやかな景勝地です。


↑そしてこちらが第三音戸大橋。
2つの橋を眺められるようにかけられた歩道橋です。
ちっこいながらも音戸大橋とおそろいの姿をしています。

このあと、江田島の小用にある軍艦榛名・出雲の慰霊碑まで行ってみました。
別に提督ではないのですが、ブームのおかげで今まで知らなかった地元の史跡や碑に意味があると知れたのが新鮮なので、せっかくだから見てみようかな、と思って。子供の頃から身近にあると、神社やら公園の記念碑とかってよじ登る対象でしかないよね。


↑これが榛名・出雲の慰霊碑。
江田島中学の裏手の坂道を上がった小高いところに、ひっそりぽつんと立ってました。
しゃわしゃわとセミの鳴き声が降り注いでました。


次回はたぶん食べ物・お土産編。いつになったら人形の話をするのやら…
関連記事

2014年08月13日 | いつもの日記 | こめんと 0件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)