おこのみたべたい

ganbo1.jpg

改装オープンしたららぽーと南館に行ってきました。

新たにたくさんのショップができてとてもにぎわっていました。
新規オープンするショップのリストの中に広島風お好み焼きの店があったのでうれしい! お好み焼き屋が入ることは少し前から知っていたのですが、きっと大阪風だろうと思ってチェックしていなかったのです。大阪風も好きですけどね。広島でいちばん有名なお好み焼き屋といえば、大阪風お好み焼きの「徳川」ですから!マジですよ。
広島風と聞いてさっそく行ってみました。
お昼時をはずして行ったのに、飲食店フロアは人、人、人。
中華バイキングなどの人気店には夕方前だというのに行列ができてました。

広島風お好み焼き がんぼ屋
入り口においてあるヘルメット、店員さんのTシャツ、壁にはられた手ぬぐいやはっぴなど、店内はカープ一色。他のチームのファンや野球に興味のない人は気を悪くしてしまうんじゃないか・・・と心配になるほど(笑) でも今のこの時間、カープ試合やってるのよね・・・今この店の中にはガチなカープファン1人もいないんじゃ・・・なーんてヤボなツッコミはやめましょう。

メニューは一番安い基本メニューの”肉玉そば入り”が900円。高い。でも関東じゃふつう。
そのほかのメニューは”納豆焼き”1000円、”しそウメ焼き”1000円、”広島名産焼き”1350円 etc・・・・・・・・でも関東じゃふつう。肉玉いか天そばいりとか肉玉そばダブルねぎかけとかないっぽいです。「ねぎかけ」って言うときは「ぎ」にアクセントです。
というか麺なしのメニューがありませんでした。どうして?と思ってたんだけど、出てきたお好みを食べて納得。とっても小ぶりで野菜も控えめ、麺抜きにしたら食べ物として成立しないかも(笑)
肉玉そばを頼んだら、お好みとサイドメニュー1品でおなかいっぱいになるかな、という感じの控えめなボリュームでした。もちチーズとかデラックスとかを頼んだらボリュームアップするのかもしれないけど、たぶん試してみることはないだろうな(笑) 
キャベツよりも主張するもやし、関東のお好みってもやしたくさん入れるとこ多いんだよね。お好みのキモは、鉄板で熱せられた豚バラから出た脂が蒸気に混じってキャベツの甘みをしっかり引き出しているところだと思うのですが、この考え方は右傾化しているでしょうか。でももやしもおいしいのですよ。
ソースはおたふくソースです。
うちは帰省のときにカープソースをたっぷり仕入れてきたので、最近おたふくソースは「外食の味」。甘くておいしい。私はおたふくソースだとマヨネーズをかけたくなるのですが、この店はマジックファイブ装備。華麗に細いマヨの波が噴き出します♪ マジックファイブって誰が考えたんだろう、やっぱり大阪人かな。ノーベル賞あげてもいいんじゃないかな。

ganbo2.jpg




雨にもかかわらずたくさんの人がならんでいるのは、あのドーナツ屋。
ららぽーと備え付けの傘が南館と北館の間のハーバー通りいっぱいに広がってました。

・・・・・・・・・そんなにうまいのかな・・・・・・・・
生地をロッテの浦和工場で作ってると言われるとなんかあまり特別なものって感じがしないんだよなー・・・


ganbo3.jpg

関連記事

2008年06月08日 | いつもの日記 | こめんと 0件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)