広島カープよりハッピーなチケットが発売されました

いやー、殺伐としてますね。
ネットのニュースも見たくないものばかりです。

そんな中、広島カープからみなが笑顔になるようなすばらしいチケットセットが発売になりました!

ハッピーバケツプリンセット
>子どもの頃、1度は憧れたバケツプリン !!
>仲間を集めて驚くほど大きなプリンを食べてみませんか??


15人以上の団体で内野チケットを買うと、バケツプリンをプレゼントしてくれるらしいです。
チケット15枚以上で4.3リッターバケツ、40枚以上で9リッターバケツ。
これはすごい!15人も友達がいない自分が悲しくなります!

ところで、特典つきのチケットは試合日当日正門前で予約権と特典を引き換えるようになってます。これも多分そこでひき渡しだと思うのですが、プリンて常温で痛まないだろうか・・・。
みんなで試合中に食べるにしても、4リッターとか9リッターとかそうそう食べれるものじゃないと思うのですが。
残してしまうひともいると想定して、これを球場の熱を帯びたコンクリの足元に置いて3時間。もつとは思えません先生!
バケツプリンてゼラチンで固めてるから熱してないと思います!><

食中毒が出ないことを祈るばかりなのですが、
なんでこんな企画ばかりなのかなあ。カープ・・・。
もうちょっとこう、直接的に儲かることを考えればいいのに、「ちょっぴり幸せになるような」「子供たちが笑顔になるような」そんな企画ばかりです。・・・だがそれ自体は間違ってないと思う。そしてそういうところが愛されるゆえんなのですかな。

余談ですが私はバケツプリンはあまり好きではありません。
バケツという本来食品を入れるためのものではない容器に食べ物が入ってるというシチュがだめなんです。バケツ=汚いという先入観が・・・・・。みなさんはどうでしょうか?
以前、オレンジページ(料理雑誌)に「男の夢をかなえるでっかい焼きプリン」の作り方が載っていて、そのページの煽りが「野球選手になれなかった。パイロットの夢もかなわなかった。でもこの夢だけはかなえられる。子供の頃夢見たおなかいっぱいの巨大プリン」そんな感じだったんですよ。
弟がそれを見て涙を流す勢いで感動しまくってまして、結局作らされました。男の夢とかロマンとか言われたら仕方ない。
確かたまご6個と牛乳600mlだったかなあ。
9リッターのバケツブリンに比べればなんてことない量ですが、それでもかなりのボリュームで、弟は3分の2食べたところでギブアップして「夢ってかなわない方がいいのかもね・・・」と言いながらヨロヨロと自室に帰って行きました。
その後しばらくはプリン食べる気にならなかったらしい。
でもまあ、プリンという食べ物には男のロマンが詰まってるらしい、ということはよくわかりました。

関連記事

2006年06月13日 | 定期カープネタ | こめんと 4件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

でっかいプリンは乙女の夢でもあります。
私も食べてみたいです。
>バケツ=汚い
あ~、そうね。そんな感じ。
でも気にしません。
私にも作って~!
牛乳600mlは普通に飲めるよね。
たまご6個はどうだろう… いけなくはなさそうな…

2006年06月13日 / 愛子 #yXQQblaYURL【編集

むしろ量より単調な味に飽きると思うよ(笑)
>作って~!
私のアパートにガスオーブンを取り付けてくれたらすぐにでも作ってあげるよ!w
電気オーブンを使うと合板製のオーブン台やら壁やらがみしみし言うから怖いじょ・・・

2006年06月13日 / なおみん@かんりにん #-URL【編集

そうかプリンは男のロマンなのか・・・
旦那父がプリン大好きなので父の日にプリンを贈ってしまったヨメです。

うちも一度家で12インチのニューヨークチーズケーキを作ったことがあるのですが
二人で1/8食べたところでギブアップでした(笑)
夢は夢のままの方が良いんでしょうか。

2006年06月15日 / まちゃこ #mQop/nM.URL【編集

「ちょっと足りないくらいがちょうどいい」これが生活信条の私です。
>まちゃこさん。
またうちの弟の話で恐縮ですが、昔弟が腹いっぱいハンバーグを食べてみたいと言うのでホットプレート一面にギッシリハンバーグのたねをつめて焼いて食わせたことがあるのですが、以来15年、弟はハンバーグを欲しがりません。

「そろそろ忘れてもいい頃じゃないか」と言ってもそういうわけにはいかないようです。

あと弟がギョウザを腹いっぱ(略)

でも父の日のプリンはなんかカワイイと思います(笑) 男の人はプリン食べるとなんか幸せそうですよね。でもきっと上等の菓子店プリンよりプッチンプリンの方が好きに違いない!(笑)

2006年06月15日 / なおみん@かんりにん #-URL【編集

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)